EPAの摂取で血液さらさらに

血液、子供の頃は誰もがサラサラだったものと思います。
まさか子供の頃から、ドロドロの血液を持っていたなんて有りえないことでしょうから。
この血液、ドロドロになって来る原因を考えてみませんか。
それは、食べ物が大きな要素を占めていると思われます。
脂肪を溜めるような食事をされている方は、血管中に脂肪がたまり、コレステロール値も上がってしまい、最後には動脈硬化などを起こしてしまうのです。
血管に余分なものが溜まってしまい、血の流れが悪くなり、しまいには破裂もしてしまうことにもなるのです。
それが脳であり、大動脈でもあるところで破裂してしまうと一揆に死を迎えることにもなってしまうのでした。
痛みを感じないことから、放っておかれることが多いのです。
そんな血液さらさらに保つため、EPAの摂取を高めるようにしましょう。
EPAは、健康を保つための脂肪酸で、イワシなどの青魚の油、更には昆布などにも含まれているのでした。
健康を気にする人、肥満体質の人、生活習慣病と言われる人などは、積極的に摂取すべきものなのです。

PAGETOP